本文へスキップ

将来有望な資格衛生管理者の資格を取得しましょう

食品衛生管理者とは/衛生管理者

衛生管理者 養成講座

食品衛生管理者とは

■仕事内容

食品等の製造加工過程を管理 
乳製品、食肉製品、放射線照射食品、食用油脂、添加物などを製造・加工する施設において、その過程が食品衛生法に違反しないように管理・指導を行う。上記の施設では必ず食品衛生管理者をおくことが義務づけられている。


■取得方法

任用資格以外は講習会を受講 
厚生労働大臣に登録された講習会(30日以上)を修了するほか、以下の場合は自動的に任用資格を得ることができる。
(1)医師、歯科医師、薬剤師、獣医師。(2)大学などで医学、歯学、薬学、獣医学、畜産学、水産学、農芸化学の課程を修めて卒業した者。(3)厚生労働大臣に登録された養成施設で所定の課程を修了した者。


■試験情報
受講資格: 高卒以上で、実務経験が3年以上の者
講習科目: 一般共通科目(公衆衛生概論、食品衛生法及び関係法令、食品学など)、専門科目(添加物関係科目、乳製品関係科目など)
講習日・講習地・講習料: 講習会により異なる


■問い合わせ先
厚生労働省 医薬食品局食品安全部企画情報課
住所:〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2
TEL:03-5253-1111



ユーキャンの衛生管理者講座


衛生管理者講座3つのメリット

■仕事をしながらでも大丈夫!
忙しい方でも安心! 当講座では試験によく出る分野を重点学習するので効率が良い!
通勤しながら耳で聴ける「重要ポイント総まとめCD」など、忙しいあなたのための教材が充実!

■50人以上の企業では必須の資格
50人以上の従業員がいる事業所では、衛生管理者を1人以上置くことが義務づけられています。

■有資格者の絶対数が不足!
有資格者の絶対数が不足していることもあり、未選任の企業が多いという実情があります。

詳しい資料の無料請求はこちらから





衛生管理者 資格取得