本文へスキップ

将来有望な資格衛生管理者の資格を取得しましょう

エネルギー管理士とは/衛生管理者

衛生管理者 養成講座

エネルギー管理士とは

■仕事内容

エネルギーの合理的使用を指導 
省エネルギー法では、大口のエネルギー使用工場はエネルギー管理指定工場に指定される。
 
エネルギー管理士は指定工場において、消費設備の維持、使用方法の改善・監視・管理を行い、エネルギー使用の合理化を実施させる。


■取得方法

熱または電気を専門区分で選択 
以下の国家試験合格もしくは認定研修修了の2つ。選択専門区分では熱か電気を選択する。


■試験情報
受験資格: 特に制限なし
試験科目: 必須=エネルギー総合管理および法規 
選択=熱分野:熱と流体の流れの基礎、燃料と燃焼、熱利用設備およびその管理 電気分野:電気の基礎、電気設備および機器、電力応用
試験日: 8月上旬
試験地: 札幌、仙台、東京、名古屋、富山、大阪、広島、高松、福岡、那覇
受験料: 18,600円(非課税)
合格率: 31.5%(平成22年度)


■問い合わせ先
(財)省エネルギーセンター エネルギー管理試験・講習センター試験部
住所:〒104-0032 東京都中央区八丁堀3-19-9 ジオ八丁堀ビル
TEL:03-5543-3019



ユーキャンの衛生管理者講座


衛生管理者講座3つのメリット

■仕事をしながらでも大丈夫!
忙しい方でも安心! 当講座では試験によく出る分野を重点学習するので効率が良い!
通勤しながら耳で聴ける「重要ポイント総まとめCD」など、忙しいあなたのための教材が充実!

■50人以上の企業では必須の資格
50人以上の従業員がいる事業所では、衛生管理者を1人以上置くことが義務づけられています。

■有資格者の絶対数が不足!
有資格者の絶対数が不足していることもあり、未選任の企業が多いという実情があります。

詳しい資料の無料請求はこちらから





衛生管理者 資格取得