本文へスキップ

将来有望な資格衛生管理者の資格を取得しましょう

衛生管理者

衛生管理者 養成講座

衛生管理者とは

衛生管理者は健康的な職場環境をつくる専門家

衛生管理者とは、労働災害を未然に防ぐため定期的に健康診断を実施したり、照明や換気など職場環境のチェックを行ったりする総務・労務部門のプロフェッショナルです。

■将来有望な資格

労働安全衛生法により、常時50人以上の従業員を使用している事業所では、衛生管理者を1人以上置くことが義務づけられています。

しかし実際には有資格者の絶対数が不足していることもあり、未選任の企業が多いという実情があるため、持っていると将来的にもたいへん有利な資格です。

事業所の規模

必要な衛生管理者数

50人以上〜200人以下

1人

201人以上〜500人以下

2人

501人以上〜1,000人以下

3人

1,001人以上〜2,000人以下

4人

2,001人以上〜3.000人以下

5人

3,001人以上

6人



■衛生管理者のメリット

昇進・昇給につながる!
総務・労務部門のスペシャリストとして大活躍! 資格手当も期待できます。


転職・再就職が有利!
社会的ニーズの高い資格なだけに、資格取得者は企業も渇望しています。だから転職・再転職にも有利です。


定年後対策にもピッタリ!
職場経験豊かな中高年の方も数多く活躍中! 資格を持てば、定年後の再就職も有利になります。


■「第一種免許」と「第二種免許」の違い

第一種免許はすべての業種に対応できますが、第二種免許では、対応できない業種があります。第二種は危険有害業務との関連が比較的薄い業種を対象としています。

免許の種類

衛生管理者として就くことのできる業種

第一種

全業種

第二種

下記の業種を除く全業種

農林畜水産業、鉱業、建設業、製造業(加工業を含む)、電気業、ガス業、水道業、熱供給業、運送業、自動車整備業、機械修理業、医療業、清掃業




ユーキャンの衛生管理者講座


衛生管理者講座3つのメリット

■仕事をしながらでも大丈夫!
忙しい方でも安心! 当講座では試験によく出る分野を重点学習するので効率が良い!
通勤しながら耳で聴ける「重要ポイント総まとめCD」など、忙しいあなたのための教材が充実!

■50人以上の企業では必須の資格
50人以上の従業員がいる事業所では、衛生管理者を1人以上置くことが義務づけられています。

■有資格者の絶対数が不足!
有資格者の絶対数が不足していることもあり、未選任の企業が多いという実情があります。

詳しい資料の無料請求はこちらから





衛生管理者 資格取得